未分類

地デジアンテナを取り付けるには

地デジアンテナの取付で必要なことはアンテナを電波塔の発信方向に向いていないといけません。これはアンテナの指向性と呼ばれる性質によるものです。この電波の発信所、電波塔は全国各地にあり、ほとんどの地域では十分な電波を受信できるようになっています。電波塔以外にも中継局があり、これにより全国各地へと行き渡るようになっています。

この発信所をわからない場合はインターネットにある情報で調べることができます。それにより大体の方向がわかります。また、近隣にアンテナを設置した家屋などがある場合はその設置されたアンテナで方向がわかることもあります。複数の家などのアンテナが皆同じ一方向を向いていれば、その方向に放送局があると考えていいでしょう。

自分の地域がどの程度の電波が来ているのかも調べる必要があります。強電界地域か弱電界地域かによって、取り付けるアンテナも変わってきます。弱であるならば素子数の多い、利得の高い地デジアンテナを使わなければなりません。

また電波は遮蔽物があると弱くなってしまうため思うように受信できなくなることがあります。直線距離にすると近くてもその遮蔽物があるために受信できないというケースもあります。そういう時は周辺にある発信所をいくつか調べてみて一番電波は良い方向にアンテナを向けることがいいのではないでしょうか。

地デジの取り付けは屋根の上になることも多いです。十分に安全面に気を付けて作業をする必要性があります。自分で取り付けるのが難しい際は、業者にアンテナ工事をお願いするのも一つの方法になるのではないでしょうか。個人でも業者に頼んでも正しく取り付けていただくことでより安定して地上デジタル放送を受信することができ楽しむことができるのではないでしょうか。