Browse Month by 12月 2016
未分類

地デジアンテナの種類

地デジ放送をみるには地デジ対応のテレビをただ置くだけでは見ることができません。なぜなら、いままでのアナログ放送はVHFアンテナを使用していましたが、地上デジタル放送はUHFアンテナを使用するため、受信していないところは改めてUHFアンテナを追加する必要性があります。

そういうアンテナは基本、屋外に建てたほうが受信感度が高くなりますが、室内でも場所によっては通用するものもございます。種類としては大まかに屋外アンテナ(八木アンテナタイプ)、屋外アンテナ(平面タイプ)、室内アンテナなどがあります。

屋外アンテナ(八木アンテナタイプ)とは形はよく屋根の上に建っている骨組みの物をいいます。こちらは主に一般的な家庭や電波が行き届きにくい地域などで使用されていることが多いです。基本はこのタイプが主流となります。

屋外アンテナ(平面タイプ)は、小型化になっており、家の壁面やベランダなどの狭い場所に設置できます。狭いスペースや室内(屋根裏)などに設置が可能となり家の外観も損なうことがないのが長所となりますが、反面電波が弱い地域などには不向きとなっております。

室内アンテナは、形が極小サイズとなっており、部屋のスペースをとる必要性がありません。主にワンセグなどの電波を利用するタイプがおおく見られます。