Browse Category by 未分類
未分類

地デジアンテナの電波

地上デジタル放送の電波はそれを飛ばしている電波塔から離れれば離れるほど電波というものは弱くなってしまいます。場所やそこの環境にもよってしまいますが、電波塔の近いほうから強電界地位、遠いと弱電界地域と分けられています。この地域によってもどのアンテナを使用すればいいのかが変わってきます。

強電界地域のアンテナは基本的にはどのアンテナを選んでも問題はないでしょう。ただしこの強電界地域のなかでもたとえば将来そこにビル群ができた場合、隠れてしまった場所は弱電界となる可能性があるでしょう。そうした時は、アンテナの位置などを変えてみるなどして、電波が効率よく受信できる方角に合わせる必要性があります。

弱電界地域のアンテナは八木アンテナタイプ、いわゆる骨組みのものですが、そちらのほうがいいのではないでしょうか。ただそちらになると素子数が重要なポイントとなっています。素子数とは過電流に反応する電極の数のことになります。この素子数の多いものほど電波を受信しやくすなります。多ければおおいほど他方向からの不要な電波も遮断することにもなります。ただしある一定の量を超えてしまいますと、性能は横ばいになってしまいます。